【全口コミ掲載】文芸社の自費出版は何故詐欺と言われるのか?宣伝や販促の状況は?その評判の真実を全て調べました。

まずはじめに、正しい情報を知りたい方はココ↓↓

まずは、文芸社公式から出版案内を入手してみましょう。

情報は原点を当たれ」が基本です。

ネットの下手な噂だけを見て判断するのは良くありません。

物事を判断する場合は、企業側の公式情報もマイナスなレビューも両面を見て、それから自分の頭で判断しましょう。

当サイトでは「詐欺」「トラブル」という悪評を含む全ての文芸社の口コミを全てチェックし、明らかな「やらせ」「営業妨害」は徹底的に排除しています。

最も成功している自費出版企業である文芸社には、

競合の出版社からのネガティブキャンペーンで悪評・やらせが紛れ込む可能性もあります。

正しい評判の真偽を見極めるには、以下の2点が大切です。

■正しい評判・口コミを見極めるには
実際に出版している人の、具体的な「文芸社での自費出版」の感想を見つけることが大切。

ネット上にある全ての文芸社の評判、口コミ、体験談を確認して分かった、文芸社の自費出版の真相を全て暴露します!

文芸社の自費出版は詐欺なのか?

結論からいうと、詐欺ではありません

文芸社の悪評や悪い口コミ、トラブル事例を全て確認した結果、

詐欺ではないことがわかりました。

当サイトでは、まずは何故詐欺と言われるのか?を、

まずはネット上の悪い評判から解説していきます。

文芸社公式から出版体験談を入手する>>

悪い評判を要約するとおおかた2パターン。

■悪い評判のパターン その1:
売れると言われたから契約したが、売れなかった。詐欺だ。

おそらく、著者の方は「自分の本は売れる!」と信じ込んでいて、

文芸社の編集者も「面白いです!きっと売れますよ!」と著者の本を褒めていたんでしょうね。

売れるか売れないかは当然世の中に出してみないと分からないことですし、これで詐欺扱いは酷いですね…

それに、売れるかどうか分からないのに、契約書に「絶対に売れます」なんて書いてある訳ないですよね。

なお、「きっと売れるから頑張りましょう!」と編集者に励ましてもらえて良かったという口コミも多かったことは付け加えておきますね。

■悪い評判のパターン その2:
自分で印刷すればもっと安く済むのに、高い見積もりを提示された。

この評判もいくつか見られましたが、これらの方は会社で働いたことがないのでしょうか・・・

100%オレンジジュース300mlの原価は16円位ですが、レストランで注文すれば600円です。

もし文芸社が詐欺なら、日本中のレストランも詐欺になってしまいます。

10万円で契約したのに100万円請求されたのであれば詐欺ですが、違いますよね・・・

恐らくこれらの方々は、単純にたくさんお金がかかることが受け入れられないのだと思います。

しかし文芸社は企業ですから、見積もりには経費も文芸社の利益も含まれています。それは当たり前です。

本当に著者の方が、自分で執筆した本を自分で完璧に校正し、編集者のアドバイスを受けたレベルの内容に整え、プロのデザイナーレベルの挿絵や表紙を作成し、印刷所で少ない冊数の本を印刷し、書店100店舗を地道に訪問して自分の本を置いてくれるように頼み、発注が来たら書店まで本を運ぶ・・・そんなことはしませんし出来ませんよね。

犯罪に巻き込まれた時に「弁護士費用は高い!ぼったくりだ!詐欺だ!自分で法律を調べればもっと安い!」と言いますか?

医者に10分で診察してもらって3,000円かかった時、「たった10分で3000円かかるなんて詐欺だ!」と騒ぎ立てますか?

そんなことはしないですよね。弁護士や医者にかかることで、あなたは自分の時間を短縮出来、しかも安心してその結果を得られるわけですから、当然弁護士や医者に頼んだ方がメリットがあります。

出版は、印刷すれば出来そうなイメージがあるので、詐欺だのぼったくりだの言われやすいですが、基本的には同じだと思います。

恐らく、予想していたより高いかったので、感情的になってしまい「詐欺だ!」とネットに書き込んでしまったのかもしれません。

良い口コミを要約するとこんな感じ。

・担当編集者に非常に親身に対応してもらえた。

・編集者に細やかな指導やアドバイスをもらえた。

・編集担当の適切な指摘は追加で書こうとする意欲を吹き込んでくれるものだった。

・私は出版の素人ですが、まるで私がプロの作家であるかのように付き合ってくださったことに感激しました。

希望通りの書店に配本してもらえた

・自身の住む地元の書店に沢山配本してもらい、目立つところに平積みしてもらった。

出版までの流れが明確で分かりやすい

・初めから最後まで、出版までの手厚くサポートが受けられたのが良かった

担当者が良かった。この人は本当に私の本を売ろうとして下さっているんだなというのがひしひしと伝わり、数ヶ月に渡って対応して頂き、本当に信頼出来る方に対応頂けた事は感謝しかない。

文芸社公式から出版体験談を入手する>>

「詐欺」「トラブル」「騙された」などの悪い口コミを掲載!

同じ人っぽいのがかなり多かったです。

実態は5人くらいだと思います。

出版社の本をつくるにも関わらず、原価ではない制作費を請求する!

騙して錯誤に陥れることを民法では詐欺といいます。

引用:http://onigumo.sapolog.com/e74934.html

??????

原価を請求していたら、出版社は利益得れないですよね?出版社は慈善事業団体ではないですよ。。。

一生に一度のチャンスを逃すかもしれないと考えたAさんは、妻の反対を押し切り、孫のためにずっと貯金してきた口座から100万円を下ろし、出版社に契約に行きました。

そして一年後、Aさんは失意のどん底にありました。
なんと自分史は30冊しか売れていなかったのです。

この一年間、出版社に何度も話をしに行きました。
「売れると言っていたのに、売れないじゃないか!
100万円はどうしてくれるんだ!」

出版社は、
「お金は返せない。売れないのはAさんの作品がいけないのでは?」
の一点張りでした。

Aさんは一年間、抗議し続けましたがとても疲れてしまいました。
そして泣き寝入りせざるを得なくなりました。

引用:http://nibiru.hateblo.jp/entry/2016/03/05/043000

・ネットで調べたら被害者の会が出来ていた

→一個人のブログのタイトルが「文芸社被害者の会」であり、実際には存在しない。しかもそのサイトは1記事しかない。その上そのブログの記事を読むと、実際は詐欺でも何でもない内容(ひどすぎますね)

・契約が終わったら取り合ってもらえない。

→当たり前です。それが契約です。。

・出版された本の紙質が見積りの説明のときと仕様が異なる

→これは詳細不明ですが、もし本当ならひどいですね。ちなみにこのクレームをされた高村明子さんは、文芸社を提訴して敗訴しています。つまり詳細はわかりませんが、高村さんの方に非があったということです。

・文芸社の売り上げの半分ほどが、自費出版原稿募集の広告費用に使われている

→これが事実かわからないですが、それを言ったらテレビCMをやっているビールの会社やジュースの会社は全部詐欺なのでしょうか。コカコーラの広告費用なんて半分どころじゃないですよ。コーラは詐欺ですか??

・多額のローンを組まされ自費出版をした人がいる。全然本は売れず、文芸社の営業利益のためだけの共同出版であった。そのくせに広告を出しており、詐欺的行為だ。

→組まされ、とありますが、おそらく自分の意思で組んでいると思います。文芸社が営業時に軽口でも叩いたのでしょうか・・・

・8万円近くの倉庫使用料の知らせが届いたため驚いて倉庫料金についての資料を読みかえすと、2年目から在庫冊数に応じて月額の倉庫使用料が発生しており、書かれていた表には一見、一年分と勘違いするような一万円以下の月単位の倉庫料が書かれていました。

→その契約書を読んでいないのでなんとも言えませんが、契約書をちゃんと読んでいなかっただけではないでしょうか。「書かれていた表には一見、一年分と勘違いするような」の「一見」は、文芸社を悪者にしたい意図がありありと出ていますね。

・文芸社に賞の応募をしたら、落選した。その後、文芸社から自費出版の営業電話がかかってきた。そこで1,000冊出版の見積もりをお願いしたら、200万円だった。自分で印刷すればもっと安い。詐欺だ。

→このような評判を書いている人は働いたことがないのでしょうか・・・。もしくは競合の出版社のネガキャンの可能性が高そうです。

10万円で契約したのに100万円請求されたのであれば詐欺ですが・・・全くもって詐欺と騒ぐ人の思考が理解出来ません。

おそらく会社で働いたことがない方々なのかと思います。

経費もかかるし会社としての利益も乗ります。

それは当たり前です。

それでも自分1人でやるよりお得だから企業のサービスを利用するわけです。

単価が高いかどうかではなく、自分がやりたいかどうかと、自分一人で本当に全て専門性がある内容をやりおおせた場合どれくらいの時間や費用がかかるか考えて、判断するのが合理的な判断です。

それでは良い評判や口コミ、体験談はどうなのか?

おって掲載(作成中)

文芸社は販売促進や宣伝活動はちゃんとやってくれるのか?

おって掲載(作成中)

結局文芸社の自費出版はありなのか??

個人的にはありだと思います。

文芸社で実際に自費出版をされた方々の体験談を読むと、かなり満足度が高いことがわかりました。

また、悪評や悪い口コミのほとんどは実際に出版した人が書いたものではありませんでした。

一部の悪い評判が、ネット上のブログなどで転載されているケースが多かったです。

また、その悪い評判(=詐欺)も、契約内容をよく読んでなかったから起きたトラブルがほぼ全てのようです。

従って、文芸社での自費出版を検討されている方々は、まずは文芸社公式の出版案内を読み込んでみてください。

その上で、出版を検討される方は、しっかりと契約書を読み込んでから、契約書にサインをするようにしてください。

あとあと議論になり得るリスクを全て詰めておくだけで、ほとんどのトラブルは回避出来ます。

契約書の捺印前に、優秀なビジネスマンや弁護士などに事前に見てもらうのも良いでしょう。

皆様が良い出版を出来るように応援していますね!

文芸社公式から出版体験談を入手する>>

参考サイト:(国会図書館)出版社の方へ